FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口述試験に対して取るべき法的手段は?

今年も昨年に引き続き、大量の口述不合格者が出た。

某ブログによると、口述試験不合格者は300人を超え、口述試験の合格率は70%を切っているようだ。
そして口述2回落ちの受験生もいるようだ。

この口述試験には以下の問題がある。

1. 日によって問題が異なる。難易度も異なる。
2. 試験官によって難易度が異なる。
3. 問題のテーマしか公表されず、問題自体が公表されない。
4. 問題に対する回答が公表されない。
5. 成績が通知されない。


そして一番の問題は、上の1と2にも絡むが、この試験には公平性が担保されていないということである。
これは、1)今年私自身が受けた感じと、2)私よりも実力が上でありながら不運にも合格できなかった友人とのトークから私が受けた感じである。

1年に1回しかない試験で、かつ国家試験でありながら、このような事態に至っていることは個人的に非常に遺憾である。

論文試験を通過した人のうちの30%以上がこの公平性が担保されていない試験で落とされることは大きな問題があると感じる。

今年、精一杯頑張ったにも関わらず、不運にして不合格になった受験生にとってはやり切れない気持ちであろう。

この理不尽な試験に対して何らかの法的手段を取ることができるのであろうか?私は知らない。行政不服審査法上の異議申立や審査請求などの選択肢はあるのであろうか?

実際そのような法的手段が取れるとしても誰もやりたがらないのは当然だと思うが、公衆の利益を守るために誰かがなんらかの手段を講じなければならないのではないだろうか?


という問題提起をとりあえずここでしてみた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 Kazu

Author: Kazu
30代元弁理士受験生
2011年最終合格しました!
某特許事務所勤務
→辞めた
→独立するよ!
→独立してもた。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
LEC
カウントダウン
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。