FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意匠権の効力は、類似範囲にまで及びますが、その理由をお答えください。

って口述の過去問で問われている。

LECの再現答案によると、
A:(意匠は物品の美的形態であり、)同一性の幅が狭いからです。
試験官:そう、特許における発明と比べて、創作の幅が狭いからですね。

となっている。

これについては、青本の意匠23条を見ると、

「意匠権は特許権、実用新案権と同じく抽象的なアイデアの保護に関する権利である。そして、特許権、実用新案権の効力は発明または考案の同一性の範囲に及びうるのであるから、意匠権についてもそれと同様の構成で「登録意匠及びこれに類似する意匠」を業として実施をすることができるとした。」

とされている。IPCの要点整理集にも同じようなことが書いてある。

やっぱり青本の記載の通りで答えたほうがいいんですかね?

青本は「特許権、実用新案権の効力は発明または考案の同一性の範囲に及びうる」ってさらって書いてあるけど、これってどこに書いてあるのかな?この「同一性の範囲」がある程度の幅を持ってるっていうことが理解できるんだけど、これはいわゆる均等論と重なる概念なのだろうか?

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 意匠法に均等という概念は無いと思っています。そもそも意匠法にクレーム制度がないので、均等で語れないからです。

 意匠法は創作保護だといわれています。発明は技術的思想ですから、特許法は当然に創作を保護しています。その意味で両法律は共通している。

 意匠を権利化するに当たり、意匠に係る物品と図面で物品面及び形態面から意匠を特定しています。これらは具体的ですから、補正すると要旨変更になることが多く、出願に係る意匠の幅が狭い。

 だけど、意匠法は創作保護だ。クレーム制度がない。そこで、解決策として類似意匠まで効力を及ばせました(23条)。最高裁判例はその理由として類似意匠にまで新規性が喪失することを根拠としています。

 以上のことを考えると、類似範囲まで意匠権の効力が及ぶ理由として青本の記載が納得性があると理解しています。

 ここま、かなり悩んで以上のように理解しました。

No title

Durandal1さん、
貴重なコメント有難うございます!
口述頑張りましょう!
ってかまだ受かってないけど・・・
プロフィール

 Kazu

Author: Kazu
30代元弁理士受験生
2011年最終合格しました!
某特許事務所勤務
→辞めた
→独立するよ!
→独立してもた。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
LEC
カウントダウン
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。